旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

季節の変わり目は体調が崩れやすいといわれています。体調が崩れやすい原因として「自律神経」のバランスが乱れるところにあります。「自律神経」には「交感神経」と「副交感神経」があり、それぞれに役割を持っています。

「交感神経」は主に心や体の動きを活発にする(元気を出す)役割があります。血圧を上げたり、心臓の動きを早めたりするなどの働きがあります。

「副交感神経」は主に心や体の動きを安定させる(休める)役割があります。血圧を下げたり、心臓の動きを遅くしたりするなどの働きがあります。

それぞれ働きが違う(相反する)「自律神経」がバランスを保って心や体を安定させていますが、年齢を増すとともに不安定になってきます。また、気温差、寒暖差が大きい季節の変わり目は、さらに「自律神経」のバランスが崩れやすくなります。
「自律神経」のバランスが崩れると、食欲が無い、体がだるい、眠れない、気分がすぐれないなど様々な体の不調がでてきます。

また、体温を調整するのも、「自律神経」の働きのひとつです。そのため、自律神経のバランスが崩れると体温調節がうまくできなくなり、体に冷えを感じたり、熱っぽさを感じたりします。感じがあることがあります。します。

気温差、寒暖差の大きい季節の変わり目は、「自律神経」のバランスが崩れやすいですし、特にその影響を受けやすいご年配の方への体調管理にも気を配るようにしていきましょう。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP