旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

本日は現場仕事の方が当院へ来られました。その方はパッと見た感じ歩き方がぎこちなく、左足に体重をかけないように右の方へ重心が寄っていて痛みをかばったような歩き方をされていました。

お話をお聞きすると、普段の歩行時に左膝が痛く、安全靴を履いて歩くと右足首の痛みが出てくるということでした。今までも膝や足首に痛みがあったのかお聞きすると、膝は昔痛めたところがまだ痛く、足首の痛みは最近になって出てきたとのこと。何か足を捻るようなことをしたか聞くと特にそういったことはなかったとのこと。足首を見てみると少し右の足首が腫れているのと熱感がありました。

次に安全靴が足に合っているかお聞きすると、少しゴソゴソして履いていて足が疲れるとのこと。足に合っていない安全靴は凸凹な地面や斜面などで踏ん張って作業すると、靴の中で足が滑って動き体を上手に支えることが出来なくなるので足首や足の裏、脛など足の様々な場所に負担がかかり、痛みが出る原因となります。

そして、この方の場合は元々左膝が痛く、その膝の痛みをかばって右に重心が偏っていたせいで右足首に体重がかかり過ぎてさらに負担が強くなったことも痛みの出てきた原因です。

この方には足首のアイシングと負担がかかっていた筋肉の施術をさせてもらい、帰られる際には痛みがマシになったと言って喜んでもらえました。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP