旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

今回は「足のむくみと腰の痛みの関係」についてお伝えします。むくみには色々な原因がありますが、多いのは立ちっぱなしや座りっぱなしのお仕事をされている方に多いです。

 

ふくらはぎは第二の心臓とも言われていて、足に来た血液をふくらはぎの筋肉によって心臓に返す働きがあります。立ち・座りっぱなしの状態ではこの働きが、出来なくなり血液が足に停滞して、むくんだり、だるくなったりします。

ふくらはぎの筋肉は腰の痛みによって影響されます。腰に痛みが出る前や痛い時は、腰の筋肉の緊張が左右に出たりします。それに伴い骨盤、股関節の高さや左右差が大きくなり、バランスが悪くなり重心にズレが生じてふくらはぎに負担がとてもかかります。

男性より女性が多い理由は「筋肉量の多さ」です。筋肉の違いで血液を心臓に返す能力が変わってきます。

むくみの解消はまずは「腰のケア」が大事になります。ここで軽い運動をご紹介します。

つま先を5秒真っ直ぐ伸ばし、次にかかとを5秒前に押し出す、これを5回ほどだけです。

これはふくらはぎの筋肉のストレッチです。これだと仕事中でも出来ると思います。

むくみに効果のある食品は「プルーン」です。これはむくみに効く成分が全て含まれているからです。

最近むくみにお困りの方は、一度当院の方までお越し頂いて、施術を受けていただくと

楽になると思います。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP