旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

良く手を使うお仕事の方で手のシビレを訴えられる方がいらっしゃいます。皆さんは手を良く使うから腕周りや手が悪いと思われる方が多いのですが、実は首の背骨に原因があります。

今回は背骨と手のシビレについてお話してまいります。手元を良く使う方は手元を見ている事が多いので必然的に顔は下を向いています。顔が下を向いていると頭の重さを首肩周りの筋肉で支えます。そうすると首肩周りの筋肉が緊張し筋肉が背骨を引っ張り背骨を歪めてしまいます。首の背骨には腕や手を支配する神経が通っています。それは感覚や筋肉の動きを司る神経で神経が押しつぶされてしまうと手や腕の動きが悪くなったりシビレが出てきます。イメージとしては神経は体の中心から端の方へ通ります。その通り道である首の背骨が歪んでしまうと、神経の通り道を抑えて体に不具合が起きるというイメージだとわかりやすいかもしれません。このシビレを根本的に防ぐにはまずは筋肉の緊張を緩め背骨を引っ張らないようにすることと背骨の歪みを真っ直ぐにしてあげることが効果的です。

当院では筋肉のバランスを整える施術とB&M背骨歪み整体を行っております。当てはまる症状をお持ちの方は酷くなってしまう前に当院までご相談ください。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP