旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

夏の高校野球も終わりましたね!少しずつ夏の終わりが近づいて来てます。今日は夏の疲れや筋肉の疲れを取る方法をお話します。

入浴で筋肉の疲れをとりたい時は38~40℃程度のぬるめのお湯に、ゆっくりつかります。血管を拡張させて血行を促進すると、発痛物質や疲労物質を流し去ることができます。また、浮力により全身の筋肉や関節を休ませられます。

他にもストレッチを行うことで、筋肉の疲労を軽減する可能性が研究で明らかになっています。ストレッチを行うと疲労した筋肉の血液の流れが良くなり、疲労回復効果が出るのです。脳波や自律神経活動を調べてみると、ストレッチ後は脳内アルファ波を増加させ、心拍変動を増加させ心拍数を低下させ、副交感神経が働くことが明らかとなっています。副交感神経が働くと、カラダはリラックス状態になります。副交感神経が働くと、カラダは休む状態になります。睡眠の質を上げ、ぐっすりと眠るにはこの副交感神経が必要になります。寝る1時間ほど前にストレッチを行うと、より質の高い睡眠を取ることができます。

バランスを崩している筋肉を放っておくと、背骨の歪みが生まれて体の痛みが出てきます。当院では、B&M背骨歪み整体で背骨をまっすぐにして行きます!背骨で体をしっかり支えるようになると筋肉のバランスや柔軟性も良くなります!ストレッチで取れない体の歪みや痛みなどは、当院にご相談下さい!

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP