旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

本日は右の股関節が痛いと仰る利用者さんが来院されました。その方のお話をお聞きすると朝起きて立ち上がるときに右の股関節に痛みがあるとのこと。股関節のどのあたりに痛みがあるのか触って確認させていただくと右股関節の外側に痛みがあることを確認できました。

次に体重をかけずに股関節を動かしていただくと痛みはなく、体重をかけたときだけ痛みが出る状態でした。ただ、動かした際に右の太ももが突っ張る感じがあり、左右の股関節の可動域を比べると右の方が動く範囲が狭くなっていました。

普段からも股関節が硬いのかお聞きすると、その方はヨガをされているのですがそのときに体の硬さを感じるそうで、右の股関節も硬いとのこと。ですので、この方の場合普段から右の股関節周辺に負担がかかっているということになります。

では、どのようにして右の股関節周辺に負担がかかっているかですが、この方の立っているときの重心を確認させていただくとすぐに分かりました。右側へ体が傾いているのです。このまま放っておくと右の股関節の痛みが増すだけでなく、膝や足それ以外の場所にも痛みが出る恐れがあります。なので、この方には当院で行っているB&M背骨歪み整体と筋肉の施術を受けていただき、体の重心が真ん中で維持できるように整えました。すると、立ったときの右への傾きが真ん中へ戻っていて、立っているときの痛みも楽だと言って喜んでおられました。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP