旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

秋は、クーラーによる「冷房冷え」や冷たい飲み物や食べ物による「内蔵冷え」など夏の疲れが出てきやすい季節です。
近頃、夏の疲れが秋に出ることを「秋バテ」といわれています。
「なんとなくだるい」、「肩や背中まわりが重く感じる」という人は、夏の疲れが溜まって「秋バテ」になっているかもしれません。
「秋バテ」でお悩みの方は、まずはお風呂に入って体を芯から温めてみてはどうでしょうか?
「夏は暑いので、シャワーで済ませていた」という方、シャワーだけでは冷えを解消することはできません。一瞬、温まったと感じるかもしれませんが、それはあくまで体の表面だけを温めているだけで、そのため湯冷めも早いのです。
体を芯から温めるには、やっぱりお風呂にゆっくり入るのが一番。お風呂にゆっくり入るとお湯で温められた血液が全身を流れ、手足の先や内蔵までポカポカにしてくれます。秋バテを感じている方は、お風呂にゆっくり入ることを心がけましょう。
のぼせるなど、お風呂にゆっくり入るのが苦手な方は半身浴でも大丈夫です。半身浴をするなら体の芯までしっかり温まるよう、長めの入浴を心がけましょう。
肩、背中まわりに重だるさを感じている方は半身浴で体が温まったあと少し熱めのシャワーを背中から首の付け根のあたりに3分ほど当てます。こうすることで、半身浴でも肩、背中まわりの重だるさに効果があります。
千林駅前整骨院では「トリガーポイント療法」や「B&M背骨歪み整体」の施術で、背骨の歪みをまっすぐにして、筋肉のバランスを整えています。
多くの利用者様から「血液の流れが良くなった」、「『秋バテ』の解消にも効果があった」とお喜びの声もたくさんいただいております。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP