旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

4月になり新年度のスタートですね!春は変化のある時期ではないでしょうか?職場での移動や転勤先での引き継ぎなど…不慣れな仕事や新しい職場でのストレスを感じていませんか?今日は、目的や体調に合わせた効果的な入浴法をお伝えします。

毎日皆さんは何となくお風呂に入っていませんか? 実は、お湯の温度や量、お風呂につかる時間などにより、体に及ぼす影響はさまざまです。体調や目的に合った入浴法を知って、毎日のバスタイムをもっと健康的な時間に変えましょう。

ストレスやイライラを解消したいとき
夏なら38℃前後、冬なら40℃前後のぬるめのお湯に、10分以上を目安にゆっくりつかります。ぬるいお湯には副交感神経を優位にさせる効果があり、精神を鎮静させます。快眠したいときは、入浴するタイミングが重要です。寝床に入る時刻の2時間前を目安にお風呂に入ると、快眠を得やすいとされています。

筋肉の疲れをとりたいとき
38~40℃程度のぬるめのお湯に、ゆっくりつかります。血管を拡張させ血液の流れが良くなり、発痛物質や疲労物質を流し去ることができます。また、浮力により全身の筋肉や関節を休ませられます。

入浴しても取れない痛みは当院までご相談下さい!

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP