旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

春も終わり6月の梅雨の時期に入って来ました。沖縄は一足早く梅雨入りしているみたいですね。

今回は、雨の日の頭の痛みについて書いていきます。雨が降ったり、雨雲が近づいてくると、気圧が変わってきます。変化すると体はストレスを感じて、それに抵抗しようとして自律神経が活性化して、バランスが崩れると体調が悪くなりやすいです。自律神経とは交感神経と副交感神経があります。交感神経が活発になると痛みを感じやすくなります。たとえば頭の痛み、首の痛み、関節の痛みなどがあります。副交感神経が活発になると、眠たくなったり、体がだるくなったりします。

気圧の変化を感じるのは内耳と言われる耳になります。この内耳は「揺れ」にかなり敏感で、内耳は気圧の変化を「揺れ」として感じやすいです。ですから、乗り物酔いをしやすい人は内耳が揺れに敏感で、気圧の変化による症状が出やすくなります。

まずは自律神経の働くバランスを整えることで症状がかるくなります。自律神経は背骨から出ています。ですから背骨のバランスを整えることが大切になります。当院ではこのような背骨のバランスを整える整体を行っておりますので、上記のような症状でお困りの方は是非一度ご連絡ください。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP