旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

7月になり、これからの暑い時期に気をつけたいのが「熱中症」です。

「熱中症」とは体の中に熱がこもってしまい、体温が異常に高くなり、体に不具合を生じた状態をいいます。屋外屋内にかかわらず、高温、多湿、風が弱いなどの条件で体から熱が逃げなくなり、汗もかきにくくなるため、「熱中症」が発生しやすくなります。

「熱中症」になるとめまいや立ちくらみ、熱けいれん(筋肉の痛みやこむら返りなど)が起こります。さらに症状が進むと、頭の痛みや吐き気、体のだるさといった状態があらわれます。 そして状態が重くなると、ひどく熱が出て、全身のけいれん、意識障害などが起こり、死に至ることもあるのです。

「熱中症」を予防するには、まずは暑さを避けることです。日差しが強く暑い日には、外出を控えるようにしましょう。外出する時は、日傘や帽子などで直射日光を避けるようにしましょう。また、室内にいるときは、カーテンなどで直射日光を防ぎ、風通しをよくしたり、エアコンや扇風機で部屋の気温や湿度を下げたりすることが大切です。

また、こまめに水分をとることが大切です。水分をとって汗をかくことで体からの水分が蒸発していき、体温を下げる効果があります。水分は汗で失われたミネラルなどを補給する意味で、普通の水よりも、スポーツドリンクや経口補水液をおすすめします。

あとは普段から規則正しい生活を送るとともに適度な運動も心がけることもお忘れなく。

「熱中症」を予防して、暑い夏を元気に乗りきりましょう。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP