旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

梅雨が明けると日差しはかなりきつくなり、その暑さで心身のリズムが乱れて「夏バテ」になるといわれています。しかし、涼しさを求めてクーラーをガンガンに使えば、さらに「夏バテ」に拍車がかかり悪循環におちいります。

「夏バテ」防止には、食事やクーラーの使い方に気をつけるのがいいのですが、しっかり睡眠をとることも大切です。

よく「寝たら治る」、「寝たらイヤなことを忘れる」といわれますが、睡眠は体にも心にも良い影響を与えてくれるそうです。

しかし、暑い夜にはなかなかぐっすり眠るのが難しいこともあります。暑い夜にぐっすり眠るためには、快適な室温が必要です。もし、寝室でクーラーを使用する場合の最適室温は28度ぐらいといわれています。また睡眠中は体温が下がりますので、就寝時にちょっと暑いと感じるくらいがちょうどいいといわれます。クーラーではなく、扇風機を使うのもいい方法です。注意点としては、どちらも冷たい風が体に直接あたらないようにすることです。一晩中、冷たい風が体にあたり続けると体の表面の熱が奪われ続けることになり、体は体温をキープするためにフル回転することになり、これではかえって、体を疲れさせることになるのです

クーラーはオフタイマーを使い、風向きを天井に向けること、扇風機は首を振るようにして、使うようするなど、快適な睡眠を心がけ「夏バテ」防止に努めましょう

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP