旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

当院には外反母趾でお困りの方も多く来られます。外反母趾とは、足の母趾 (親指)の付け根のところが内側に飛び出し、逆に指先が小指側(外側)に向く(外反する)足の指の変形した状態のことをいいます。
履物の洋式化(下駄や草履の生活から靴・パンプスの生活)をしてきたことによって悩まれる方が増えてきました。
特に当院に外反母趾で来られるのは女性の方が多いです。ファッション性を重視した先の細いハイヒールやパンプスを履く機会が多いからと思われます。
外反母趾の原因には、
1 足の指の靭帯が元々弱いといった原因に細いハイヒールやパンプスを履くなどの生活からくる変形
2 体重が増えることによって足に負担がかかり過ぎることによる変形
3 年齢を重ねることによってホルモンバランスが崩れ、靭帯が緩んでの変形
などがあります。
外反母趾の特徴としては体重がかからない時や靴を履いていない時は特に痛みを感じません。体重が足にかかり、足の幅が広がり、靴が押さえつけることで痛みが起こります。
外反母趾は放っておくと、進行していきます。千林駅前整骨院ではまず、足まわりの施術をして、バランスの崩れた筋肉を整えます。また場合によっては外反母趾に効果のあるテーピングもさせていただいています。
外反母趾でお困りの方は一度、千林駅前整骨院にお越しください。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP