旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

海やプールなどで泳いでいて、足がつった経験はありませんか?

「足がつる」原因は筋肉がけいれんを起こしてしまうことです。筋肉がけいれんを起こす原因としは、「筋肉の疲れ」、「筋肉の冷え」そして、「水分不足」が考えられます。

まず、「筋肉の疲れ」は泳ぐ前にしっかりとウォーミングアップをしなかったり、長時間泳いでいたりすると徐々に筋肉が疲れていき、けいれんが起こりやすくなります。筋肉を疲れさせないためには泳ぐ前にしっかりウォーミングアップをしたり、長時間泳いだ後は適度に休憩をとったりするのが良いでしょう。

そして、「筋肉の冷え」ですが、水の中に長時間入っていると体は徐々に冷えてきます。そうすると足の筋肉も冷えてくるため、足がつりやすくなります。体を冷やさないためには体を動かしていない状態でずっと水の中にとどまらないようにしましょう。

最後に「水分不足」ですが、泳いでいると忘れがちなのが水分補給です。水の中にいると汗をかいていることが分かりづらいのですが、泳いでいるとかなり体を動かしますので汗をかきます。汗をかいているにもかかわらず、水分補給をせずにいると、体は「水分不足」になります。そうすると筋肉はつりやすくなりますので、水分をこまめに補給するようにしてください。

もし泳いでいる時に足がつってしまった場合はゆっくりとその筋肉を伸ばしてあげると良いでしょう(もし、筋肉を温めることができるのであれば筋肉を温めてください)。そうすることで徐々に「足がつる」のは治まっていきます。

この夏、海やプールを楽しめるように「足のつり」対策をしていきましょう。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP