旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

格的な冬の到来を前にこれからの時期、暖かいお風呂が気持ちいいですね。
しかし、その一方で、浴槽で亡くなられる方が多くなるのもこの時期です。
その理由としては寒い脱衣室、浴室と温もった浴槽の温度差が主な原因といわれています。
この温度差で急激な血圧の変化で血管や心臓、脳などに大きな負担がかかってしまいます。特に普段から高血圧の方や血液の流れが悪い方は要注意です。
この寒い時期に浴室での不慮の事故を防ぐために注意すべき点を挙げておきますので参考にしてみてください。

○脱衣室、浴室は暖めておく
寒い脱衣室、浴室と温もった浴槽の寒暖差があると血管や心臓、脳などに大きな負担がかかりますので、なるべく脱衣室、浴室と浴槽の寒暖差を少なくすることが大切です。脱衣室、浴室を暖房で暖かくするか浴槽のふたをあけておいて浴室を湯気で暖めておくといいでしょう。
○熱いお湯にはいきなり入らない
冷えた体の状態でいきなり熱いお風呂に入ると急激に血圧が高くなり、血管や心臓、脳に大きな負担がかかってしまいます。
お湯を心臓から遠い手や足にかけ、その次に肩や背中にかけ湯をするといいでしょう。入浴する際もいきなり肩までお湯につかるのではなく、ゆっくりお湯を体になじませながら入浴することをお勧めします。
○入浴前、後に水分補給
お風呂につかり、体が温まってくると汗が出てきます。そうすると、血液の中の水分の量が減り、血液の流れが悪くなります。
入浴する前とした後にコップ一杯の水を飲んでおくといいといわれています。

あと、アルコールを飲んだあとにお風呂に入るのも避けた方がいいでしょう。
入浴による不慮の事故は血液の流れの悪さが原因で起こるといわれています。
千林駅前整骨院では「トリガーポイント療法」、「B&M背骨歪み整体」で血液の流れがよくなる施術をしています。
血液の流れをよくして入浴による不慮の事故を防ぎ、寒い季節の入浴を楽しみましょう。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP