旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

今年は異常なまでの暑さで参っておられる方も沢山おられると思います。日差しが強いとより外出もしたくなくなりますが、外出時日差しが強いと目が疲れやすいというのを皆さんご存知ですか?目は直射日光などの光刺激に弱いのです。

CMでも最近紫外線カットやブルーライトカットのサングラスやメガネを付けましょうと言っているのを目にしますが、掛けないとどうなるのか?皆さんはご存知ですか?

まず紫外線が目に当たり続けると、日焼けして目の角膜に炎症を起こしたり、目の充血や強い目の痛みを感じることもあります。

ブルーライトの場合は当たり続けると、目のピントを合わせる筋肉が疲れやすくなり、目の疲れを感じたり、視力の低下や目の乾きが起きます。そういう状態をほったらかしにしていると今度は頭や肩、首の痛みや怠さも出てきます。さらに、夜に長時間ブルーライトを発するPCやスマホなどの液晶画面を見続けると、メラトニンというホルモンの分泌が抑制され、生活リズムが狂ってしまい、不眠の原因にもなってしまい体から疲れがどんどん取れなくなっていきます。
ですので、紫外線やブルーライトカットのサングラスやメガネを利用されることをオススメいたします。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP