旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

本日は人の体と気圧の変化の関係性についてお話ししていきますね。

まず、気圧が及ぼす影響と言われてもイメージしにくいと思うので簡単に例えると、山頂で袋がパンパンになったり、飛行機の中で耳がキーンとなる。これが気圧の影響です。

この気圧は季節や天候などと関係していて、人体にも色々影響を与えます。気圧が低くなると通常より酸素が少なく感じるため、そうすると体は酸素の少ない状態で動かなければいけないので、普段と同じように動いているだけなのに直ぐにバテやすくなります。

そして、春は気圧の変化が激しくなるので大気中の酸素濃度の影響などで体がだるく感じたり、フラっとしたり春バテのような状態になります。

そして酸素の量が少ないと血液の流れも悪くなるので、筋肉が硬くなります。すると、より体の動きが悪くなり痛みが出やすくなります。当院に来られる利用者さん達もこの時期は首や腰の痛みが出ている方が増えています。

ですので、気圧の変化が出やすいこの時期はゆっくりとお風呂に浸かったり、睡眠を充分にとって筋肉の状態を少しでも回復させて痛みを予防したり、筋肉の施術やストレッチなどでお体をメンテナンスしておくことも重要です。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP