旭区で整体なら「千林駅前整骨院」

新年があけて、皆さんはどんな初夢を見られましたか?
この時期は朝の冷え込みが強く、布団の中が恋しくなってきますよね?みなさんの中で朝起きた時に体に疲労感を感じられる方はいらっしゃいませんか?
眠りは本来、「1日の疲れを取る」、「心身のリフレッシュ」に大切なのですが、起きた時に疲労感があるとその日一日が憂うつになりますよね?
起きた時に疲労感が残る原因の一つに「寝具」、特に「枕」が体に合っていない場合があります。
「枕」が合っていないと肩まわりや首まわりに負担がかかります。例えば「枕」の高さが高いと気道が圧迫された息苦しさが出ますし、首の筋肉が眠っている間に引っ張られているので血管や神経が圧迫されて、頭の痛みやしびれの原因になります。
また「枕」の高さが低いと舌が気道に落ちるので、これも息苦しさやいびきの原因になります。息苦しさがあると体の中(筋肉など)に十分な酸素が行き届かないので、回復力が低下するので朝起きた時に疲労感が残るのです
「枕」の高さが合っていないと首だけでなく背骨にも悪い影響が出ますので、肩や背中、腰にも負担がかかります。
本当に自分にあった寝具、特に「枕」を探すのは難しいかもしれません。
当院では「B&M背骨歪み整体」を行って、背骨の歪みをまっすぐにしたその後で、高さと固さをミリ単位、グラム単位で調整する「自分に合った」最適な「枕」の取り扱いをしております。
肩まわり、首まわりなどの痛みでお困りの方、自分に合った枕をお探しの方、一度、当院にご相談ください。

旭区で整体なら「千林駅前整骨院」 PAGETOP